コントロールカラーと化粧下地の違いって?おすすめなコントロールカラーを紹介☺!

メイクの時に使うコントロールカラーと化粧下地の違いは知っていますか?どちらも同じだと思っている方がいると思いますが、実は違いがあり正しく使うことでベースメイクに違いが出るんですよ☺そんな今回はコントロールカラーと化粧下地の違いについて紹介していきたいと思います!またおすすめなコントロールカラーを紹介します!

コントロールカラーと化粧下地の違いは?

まずは化粧下地について簡単に説明していきます!化粧下地はメイクをする方ならほとんどの方が使っているメイク道具の一つだと思います。基本的に化粧下地はメイクのヨレ予防や皮脂浮きを整えてくれるものです!ファンデーションのノリを良くしてくれたり、乾燥やかさつきを防いでくれる効果もあります!それではコントロールカラーについてですが、コントロールカラーとは自分のお肌の悩みを整えてくれるメイク道具になっています。例えば、ニキビやくすみ、ニキビ跡、赤み、シミ、クマなどの悩みを解決してくれるのがコントロールカラーの役目です☺ メイクの時に自分のお肌の赤みが残ったままだと思ったように美肌に仕上げることはできないですよね…そんな時にコントロールカラーの登場です!

★おすすめなコントロールカラー★

まずは自分にあったコントロールカラーを見つけることが美肌への第一歩です☺ コントロールカラーとは色によって違いがあり、自分のお肌の悩みに合わせて使い分けることが大切です!そしてコントロールカラーは大きく分けて、ブルー・パープル系、ピンクベージュ系、グリーン系、イエロー系の4種類があります!それではそれぞれのカラーの使い方を紹介していきます!

それぞれのコントロールカラーの使い方

まはグリーン系のコントロールカラーでグリーン系のカラーは主にニキビの赤みや赤みを消してくれるカラーになっています。仕上がりもナチュラルな仕上がりなので、赤みが強い方におすすめなコントロールカラーです!ただ全体に塗ってしまうとお肌がよどんだ仕上がりになってしまうので部分的使用がおすすめです☺

次にピンクベージュ系のカラーの使い方は、血色のいい顔色に仕上げてくれる効果があります!素肌に自信がない方でもピンクベージュ系のコントロールカラーを使うことで健康的でたまご肌に仕上げてくれるので素肌との違いをはっきりさせたい方におすすめです☺

misaさん(@mi28sa)がシェアした投稿 -

次にパープル系のカラーについてですが、パープルやブルー系のコントロールカラーは透明感のあるお肌に導いてくれて、トーンアップした色白なお肌を実現してくれるカラーになっています! 最近流行りのオルチャンメイクなどの真っ白なお肌に仕上げる際におすすめなカラーですね☺♡

コントロールカラーで透き通ったお肌を手に入れよう☺♡

コントロールカラーと化粧下地の違いやコントロールカラーのそれぞれの使い方を紹介しました☺今まで知らなかったことや、コントロールカラーのそれぞれのカラーの使い方はわかっていただけましたか?今回紹介したカラーの役目を活用することで美肌を手に入れることができますね☺これで美肌作りの名人です!ぜひこちらをチェックしてみてください☺