ジメジメ梅雨時期の髪の毛トラブル!ヘアケア方法5選

今回は、今の梅雨時期、悩みの種である髪の毛の広がりやうねりなどの原因やヘアケア方法などを紹介していきます。梅雨時期の特有の悩みを解消出来るヘアケア方法を5つ紹介しますので、是非参考にして試してみてくださいね!

どうして梅雨時期は髪の毛が広がるの?

朝、ドライヤーなどでしっかりセットをしても、梅雨時期はどうしても広がったりうねったりぺちゃんこになってしまいますよね! なぜそうなるかというと、簡単です! 原因は、梅雨時期の湿気です。 湿度の高い中にいると、髪は水分を含み湿った状態になります。 水分を含んだ状態になると、ストレートヘアの場合は、ぺちゃんこになりやすくなります。 癖毛やパーマヘアの場合は、癖やウェーブが必要以上に出てしまうということになります。

梅雨時期に大切なヘアケア方法とは?

①シャンプー後はドライヤーで乾かす 髪の毛は濡れているとキューティクルが開いた状態です。 キューティクルが開いた状態で髪の毛同士が擦れると、切れ毛や枝毛、広がりの原因になります。 ですから、シャンプー後はしっかりドライヤーで乾かして寝ることをオススメします。

②日頃トリートメントをする 髪の毛が傷んでいる状態で、湿気を含んでしまうと、広がりやうねり、更なる傷みの原因になってしまいます。 日頃からしっかりとトリートメントでヘアケアをすることで、梅雨時期でもトラブル知らずになれるはずです!

③部分パーマやストレートをする トリートメントなどのヘアケアもとても大事ですが、部分的にパーマやストレートパーマをかけることもおすすめです。梅雨時期の湿気でまとまらない髪の毛も、パーマやストレートパーマで落ち着いてくれるようになります。

@4y0ta4がシェアした投稿 -

④洗い流さないタイプのトリートメントを使う 先ほどは、シャンプー時にトリートメントをすることが大事だということを書きましたが、洗い流さないタイプのトリートメントでのヘアケアもとても大事です! 洗い流さないタイプのトリートメントを日頃使うことで、髪の毛の一本一本の周りをコーティングしてくれますので、梅雨時期も比較的まとまりやすくなります。

⑤ヘアアレンジをする 毎日のヘアケアも大事ですが、ヘアアレンジをすることで落ち着かせることが出来ます!おすすめのヘアアレンジ方法は、くるりんぱ・ポニーテール・編み込み・お団子…などです。髪の毛をまとめて落ち着かせちゃいましょう!

まとめ

いかがでしたか?! 梅雨時期のまとまらない髪の毛のヘアケア方法を紹介しました。広がったりうねったりペチャンコになってしまったり…色々な悩みがありますよね。 是非今回の記事を参考にして、ジメジメな梅雨時期も快適に過ごしましょうね!



関連タグ:

梅雨
ヘアケア